勉強のお供

間違いをなくそうと思うのではなく減らそうと思った方が健全ですよ

  • 計算間違いしちゃった
  • 方針が立たなかった(この前やったのに!
  • 時間配分ミスった!

このお話を何度聞いたことか・・・

メメメイナ
是非とも解決策をご提示ください
ナナナイル
うむ!

と偉そうなことを行っていますが、バレンタインの爆発記事なども書いています。

なぜ間違った経験が鮮明なのか?

メメメイナ
なぜ私たちはミスをした経験の方がうまく行った経験よりも多く覚えているのでしょう?
ナナナイル
それは脳の働きにある

この本にあるように、人は古代より生き残るために失敗の経験をデータに蓄積しておかねばならない状況にあった。

その名残が今もDNAの中に刻み込まれているのです。

だからこそ、現代の僕たちにとって失敗と言える失敗は、多く感じているだけで意外と少ないのではないか?と言うのが僕の主張です。

メメメイナ
なるほど。そんなに「私はミスをしやすい」などと過剰に思い込まないことが大事なのですね!

ミスは無くせないがミスは減らせる!

僕は筋トレをしていて失敗をしながら成功を重ねてきました。

それで今の体までこれました。

メメメイナ
おお!以前の寸胴とは別人ですねw
ナナナイル
詳しくは筋トレサイトに成長の記録として掲載しているけど、これは一例でミスは減らせないが失敗を経て成功に近づくと言うマインドは大事と言うことだよ

あなたも、計算ミスや一度やった問題ができないときに、

なぜまたミスったんだ!

と思うかもしれません。

そのため、ミスを無くそう!と思うと思います。

しかしどんな天才でもミスなく成功した方はおりません。

だからこそ少しずつミスを減らしていく努力をしましょう

メメメイナ
私も頑張ります
ナナナイル
僕だってミスを少しずつ減らして頑張っていきます!

お互いに精進していきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-勉強のお供
-, ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5