受験数学

二項定理を用いて和を求める問題で微積を使う感覚を慶應の問題で磨く

1対1対応の演習の総合問題から問題を出します!

ナナナイル
内容は高校二年生程度の問題で受験数学では合否を分ける問題です

慶應など複数大学で頻出問題

ヒント

メメメイナ
(1)は教科書の研究に載っていますね
ナナナイル
しかし(2)以降は式をぼーっと見ているだけでは解決しません!

使う分野はおそらく意外に感じられる数学分野です・・・

解答

問題選びの意図

  • 数学の入試問題の多くは融合問題であると思った方が良い→気持ちがしっかりする
  • 式の形から微分・積分を使うと見抜く→式の形から問われている背景知識を察する

これができるのはやはり1対1対応の演習がベストです。

頑張って行きましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-受験数学
-, , , , , ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5