受験数学

ベクトルを利用する平面幾何の問題に挑戦!(広島大)

一般に幾何の入試問題は難しいです。

幸い最近は純粋幾何の問題は減っております。

その理由はベクトルを駆使すれば解決できる問題が増えているからです!

今日はそんな面白い問題を取り上げます!

広島大の数学の問題

ヒント

  • (1)が多分もっとも方針が浮かびづらいかも
  • (2)は1直線上の条件を理解していれば簡単!
  • (3)は面積の比は辺の比とどのような関係があるかです。

解答

ポイント

やはり(1)の存在証明が難関です。

ナナナイル
任意にPQRSをとって考えれば解答の流れに納得が行くはず
メメメイナ
ポイントは任意に考えて存在を示す過程ですね

(2)がわからない人は本書の他の例題で練習してください!

(3)は京大に類題があります。

このように本書から多数の問題が類題として出題されているので受験生は必見の参考書ですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-受験数学
-, , ,

Copyright© 数検1級合格対策 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.