数検準1級

数列の極限の不定形の問題の解き方・はさみうちの原理の使い方とは?

数列の極限の問題でわからなくなったあなたへ記事を書きます。

  • 極限とは?
  • 不定形ってどういう意味?
  • はさみうちの原理ってどう使うの?

に答えていきます。

数列の極限は簡単だ

メメメイナ
なぜ簡単なのですか?!
ナナナイル
基本的に計算が出来ておしまいなタイプがメインだからだよ。本当の極限のメインは次の節で扱う関数の極限なのだ
  • 微積分との融合
  • 図形との融合

主にこの2タイプの問題のために関数の極限>数列の極限という難易度になっています。

そしてですね。

意外かもしれませんが、融合の難易度は微積分>図形になります。

つまり図形と極限の融合はたとえ東大などの最難関大学であっても得点しなければならない箇所なのです。

その理由は方針が一直線で落ち着けば解ける問題が多いからです。

そして今あなたが見ているのは数列の極限です。

極限の計算の部分を訓練する場面なのです。

不定形って何?

無限+無限=無限

これは当たり前。

でも無限ー無限=???

こうなってしまいます。パッと見て答えが一つに定まらないので不定形と言います。

ナナナイル
英語の不定詞の不定ですね

ここら辺は動画を見ていただいた方が早いです!

とにかく不定形の要素をどうやって解消するか?を学んで欲しいのです。

そして動画の最後に一見変わった問題も入れています。

メメメイナ
あなたはノーヒントで解けますか?
ナナナイル
今日は撮影の時に暑かったです笑
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-数検準1級
-, , , , ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5