受験数学

受験数学の分野を初見タイプか典型タイプかに分けてみました!

受験数学って暗記なんでしょ?

ナナナイル
受かるという意味では受験数学は暗記が必要だと思います

ただ勘違いして欲しくないのは、数学という学問は発想力や天才的なひらめきが上位の天才達には必須なものだということです。

受験数学で合格に貢献するという考えでは、やはり戦略的に数学を俯瞰していく必要があります。

有名参考書の王道な学習手順は以前に記事にしたので、今回は別の観点で見ていきます。

初見か?典型か?

大学によって典型問題をしっかりおさえれば合格点に届く大学・学部と、

初見問題の比率が多いので初見問題に対抗する能力や意識をもつことが大事な大学・学部ってあります。

今回は、高校数学の主要な各分野を、初見か典型かに分けて紹介します。

数学Ⅰ

  • 数と式→初見
  • 二次関数→典型
  • 三角比→典型
  • データの分析→典型

数学A

  • 集合と論理→初見
  • 場合の数→典型
  • 確率→典型
  • 整数→初見

数学Ⅱ

  • 式と証明→初見
  • 複素数→典型
  • 三角関数→典型
  • 座標→初見
  • 指数・対数→典型
  • 微分積分→典型

数学B

  • 数列→初見
  • ベクトル→典型

数学Ⅲ

  • 関数→典型
  • 二次曲線→典型
  • 複素数平面→初見
  • 微分法→典型
  • 積分法→典型

こんな感じです。

特に大問数が少なくて初見率が多い大学なら、上で述べた初見と書かれた分野を中心に学習されるといいと思います。

よろしくお願いします。そして頑張ってください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-受験数学
-, ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5