数検準1級

中間値の定理と方程式の実数解への応用

関数の連続の考えを広げると中間値の定理になります。

中間値の定理は影が薄い定理です

入試にもあまりでないし。

でも難関大ではそれとなく、

ナナナイル
あ、ここで中間値の定理を使わせるんだな!って問題はありますが稀です

閉区間で連続を考える

閉区間とは両端点が入る区間のことです。

詳しくは動画で説明しました!

閉区間で連続な関数であることが前提の条件です。

中間値の定理の応用

これは色々な応用があります。

しかし王道はやはり実数解の存在になりますね。

実は動画での2次関数の問題は数学Ⅰでもやっていますよね。

数学Ⅲだからと言って身構えすぎるのはよくないです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-数検準1級
-, , , , , ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5