書評

算数検定6級〜11級の過去問はどの本がいい?数検1級合格者が解説

2018年11月26日

数学検定1級を将来にとっていただけたら嬉しいな!と思いながら数検6級〜11級バージョンを書かせていただきます。

【数学検定1級】参考書の順番で合格率が上昇(過去問は難易度に注意!)

続きを見る

算数検定と数検の違い

数検は1〜5級、算数検定は6〜11級となっております。

会話相手
小学生内容である6級までが算数、中学生以降の5級からが数学というわけですね。

6級から11級までは楽しく学習していただくことが1番大切だと考えます

可能ならば、親子で一緒に学びを行われると良いですね!

算数検定のレベル

中学受験の算数のように複雑な問題は出題されません。

教科書に書かれている例題をきちんと解ければ合格点は確実に取れます。

以下、級別にオススメ参考書を書かせていただきます。

算数検定6級〜11級のオススメ参考書

算数検定6級

小学生6年生レベル

算数検定7級

小学校5年生レベル

算数検定8級

小学校4年生レベル

算数検定9級

小学校3年生レベル

算数検定10級

小学校2年生レベル

算数検定11級

小学校1年生レベル

算数検定は楽しい!数学検定はもっと面白い!

本記事で紹介させていただいた参考書を用いて、年齢なんか気にせずに、どんどん先へ、

数検1級
そして最も先へ、算数を、そして数学をもっとこなして、先取り学習を行って下さい!

算数が得意になって来た!数学をやってみたい!という方は、こちらの受験数学の記事をご覧下さい。

大学受験数学の攻略法!教科書からでも最難関までOK

続きを見る

皆様が算数・数学に目覚めていただくことを願いながら筆を置かせていただきます。

お読みいただき、ありがとうございます。

]]>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

志田龍太郎

東大修士取得後30代で3000万円を築き早期リタイアした元数学教諭(麻布高など指導経験あり)の投資家。サイト+SNS運営などに取り組む傍ら英検1級勉強中。数検1級を高3で漢検1級を教諭時代に取得。数検1級は平成17年度の第106回検定にて合格しました。執筆などお仕事依頼などはお問い合わせからお願いします!

-書評
-, , , , ,