受験数学

数検1級1次検定の本質的な部分の類題を芝浦工大の問題で訓練!

今日は初見問題ホイホイ的な数列の問題にチャレンジいただきます!

メメメイナ
私初見です!楽しみ!

数検1級にも出ているタイプの典型問題

この芝浦工大の問題に挑戦していただきます!

ヒント

  • もちろんこの問題を数列の問題とだけでしか見れないと出来ません
  • 1=1・1で5=1・5などと見ると・・・
  • 式を図式化(可視化)出来ますよね?→ほぼネタバレw

解答

ポイント

ポイントは可視化をすることの意義でした。

すると本問はまさかの面積つまり積分との融合問題だったわけです。

つまり不等式評価に持ち込むんですね。

メメメイナ
等式の問題なのに不等式ですか
ナナナイル
そうそう。一般にそこに気づくと問題は解けるようになっている。もちろん評価が甘い問題は簡単だけど台形評価みたいに気づかないと沼にはまってしまう東大の問題なんかもある。でも本問は問題文に不等号があるから「あ、これは不等式評価だな」って察することができたはずです

このように問題を可視化してみる気持ちは持っていて欲しいと思います。

本問はこちらの問題集から抜粋させていただきました。

本書は最後の2章分の融合問題がお見事な構成です。

難易度は『やさ理』より簡単だと僕は解いた感触ではそのように思っています。

最後の融合問題は『やさ理』と同等か難しいという感じです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-受験数学
-, , , , ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5