数検2級

対数方程式と対数不等式の理解のポイント

対数関数の単調性を用いて方程式と不等式を考えることができます。

対数関数の応用とは?

対数関数は前回の記事で勉強しましたね。

今日は対数関数の単調性を利用してできる応用問題を紹介します。

  1. 大小関係把握
  2. 対数方程式
  3. 対数不等式

このうち2.3.は注意が必要です。

メメメイナ
指数関数と違うのですよね?
ナナナイル
そうなんだ。注意点が独特だから紹介するね

対数方程式の注意点

何と言っても真数条件を確認しないでせっせと処理を始める人が多い。

処理とは真数をそろえようと努力をすること

まず真数条件を確認しないと、その時点でNGです。

理由は動画で詳しく説明しています!

対数不等式はひっかけの宝庫です

対数不等式は上で述べた真数条件に加えて、底の値にも気をつけねばなりません。

メメメイナ
具体的には?
ナナナイル
底の値が1よりも大きいか、0から1までの間か?それによって答えが全然変わってきます

そのポイントを把握していただけると、もう指数対数は終盤に差し掛かった事になりますね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-数検2級
-, , , , , , ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5