数検2級

なぜ弧度法を学ぶのか?度数法でダメな理由とは!

ラジアンを学ぶ理由がわからないまま公式を暗記するのはつまらないですよ!

意外とこの説明って学校でないので、このページや動画で説明していきます。

角度は実数なのか?

小学校で勉強した60度などの角度の単位を度数法と言います。

度数法とは1周を360度としていく考えです。

ナナナイル
しかし度数法の度とは実数ではありません。

数直線の上には実数をおくので残念ながら度数法で表された角度は置けません。

ということは座標軸の上にも置けません。

ということは微積ができないのです。

ということは角度を変数にとるような問題が解けなくなります。

このような不具合を解消するために角度を実数で表す(というよりも対応させる)方法があるのです。

弧度法により角度は実数値になる

弧度法とは単位円を使って定義されます。

そして大事なのは孤の長さになります。

この動画で弧度法の説明を5分間でしています。

弧度法で覚えるべき最初の公式は、180度=πということです。

πの後に単位ラジアンが省略されています。

弧度法の公式

  1. 扇型のこの長さ
  2. 扇型の面積

この2つの公式を頭に入れて欲しいです。

先ほどの動画の最後で導いています。

弧度法を今後メインで使っていくので度数法とはおさらばですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 数検1級は高校生の時に合格しました! 合格のコツや数学の面白さをお伝えして参ります!

-数検2級
-, , , , ,

© 2020 数検1級合格対策 Powered by AFFINGER5